TOKYO20|一級建築士試験06/まとめ

一級建築士試験に合格し、申請し登録されると晴れて一級建築士になり、設計者としての免許を得ることが出来ます。
私はいつかは設計者として、独立していきたいと考えていますが(それがいつになるかは分かりません、老後かも)、優秀な設計者・技術者であることと、資格を保持しているかどうかはイコールではないと思っています。しかし、日本の現在の制度において建築設計は、ある規模以上建物について建築士でない人が設計者にはなれないという業務独占資格である以上、当然必要不可欠なものであるだと思っています。「建築士資格なんて必要ない」という建築家の方もいますが、たとえ事務所の開設者と管理建築士が違う人間でよいとしても、この国においては、建築家・建築設計者と呼ばれる人間は必ず建築士であるべきだと思います。もちろん彼らが全て建築家であるとは思いません。ともあれ、今後どういった形でが進んでいけるかは分かりませんが、この試験を通じて、努力が報われ自信が持てたこと、日本の現状における建築に関する網羅的な知識、考え方などがより深く理解できました。
また同世代の共に受験の苦楽を共にした人たちがいたおかげで、前向きに受験生活を送ることができました。
今後受験される方には、是非思い悩まずに受験を共に乗り越える仲間を持つことをおすすめしたいです。また、体力がかなり必要とされるので、比較的仕事上の責任などが少ない若いうちの取得をお勧めしたい所です。事務所を開設し業として建築設計を行うには三年が必要ですし。あとこれは結構大きな秘訣だと思っているのですが、SNSなどであまり受験をしていることをおおっぴらに騒ぎ立てない方がいいと思います。別にいいのですが、私の周りでそういう方は軒並みいい結果を残せていない気がするので。
技術者としてのスタートラインにたてたこと、年末に息子が生まれた大きな喜びと同時に、社会的な責任、親としての責任が生まれたとても大きなことが起こった2013年でした。来年はもっとこのブログから発信もしていきたいです。それではよいお年を。