Tokyo14|年の瀬とか

昨年は年始の挨拶以来一度もエントリーせずに年末を迎えてしまいました。
今年一年を振り返ろう。
昨年末のエントリーの通り、今年はアクションを起こそうと思いつつも、それが具体的なアクションになってどのようになるか、全くイメージが出来ていなかった。
結局、前職を退職して、現在は文化財の修復などをメインとするコンサルの設計部のような所に転職した。その理由は本音、建前ともたくさんあるのだが、建前を書いてもしょうがないので本音を少し書いてみよう。
前職のときはバタバタと作業したり飲んだりしてゆっくりあまり思いを巡らせることが出来なかったが、これを機会によく考えることができた。かいつまんで言うと、未熟な自分を30代に突入する前にどうにかしたかったこと、現在の建築事情について思うところがあったからだ。
現在世界中で起こっているパラダイムの変化と建築の世界があんまり追いついていない気がしていたのはずっと思っていたことだ。必至に無視しているというか無理があるというか。
建築の世界、公共の仕事も民間の仕事も著しく減少している。設計だけでなく工務店から建具屋さん金物屋さんまで様々な構造があるけれども、それだけの人数の人間を養っていくだけの仕事が国内ではこれまでなイケイケドンドンの時代のようにはなくなってしまった。なければ自然淘汰的に別の業種などに人間も分別されていくはずなのだが、なんとなくだけど建築のスクールの数も多すぎるし、結果として仕事がないというのも需要に対して会社や組織が多過ぎるだけなのだが、それらは自らをなくそうと普通はしないので、生き残るために不動産やマンション設計なんかの利幅の大きい仕事や中国や中東など潜在的に需要が多い国に走る。その組織が生き残るためにどうするかはそれぞれの理念なのでそれ自体は当然なことだと思う。
同様に経済論的なグローバルな視点からいえば、どんどん建築の世界も海外に展開していくのは自然なことだ。ただ、純粋に建築はそれぞれの国のいろんなバックグランドから生まれた独特の世界やコミュニティを持っていて、言葉はもちろん他にも様々な慣習に良くも悪くもしばられることとなる。そこで経済活動を伴う建築行為を行うことはよほどうまく行わない限りお互いの消耗戦となっていくばかりだ。もちろん新しい価値観をもって行動できている人は本当にすごいし、グローバルなんだと思う。
ただ私は、建築が文化的な側面を持っている以上、建築行為がただの不動産的な経済行為だともまたはアーティストの彫刻行為であるとは思えないので、もう少し深く、建築の今を形作ってきたものを深く掘り下げてその国の背景や文化の中で建築の仕事をしたいと思った。それは日本を拠点にして働きたいと思っていたので、フィンランドで就職をしないということを留学前から決めていたのと同じ理由だ。
ともあれ、まだ20代のうちに、もう一度再スタートを切って多くの人と出会えて、自分の未熟さがよくわかって刺激的だった。ただ、自分を客観的にただ同時に自分はこれでやれる、と思える日が仮に来たとしたらそれはそれでよくないんだろうと思う。
経験不足な自分を常に脇にかかえながら、プロとしての現実を直視できるような大人になれるに、来年一年はまた初心からおごらず視野を広く修行をしたいと思います。
年末は温泉に行って実家に帰ってと飲みまくり食べまくりの日々になりそうなのでウコン系の薬と胃腸薬を持って頑張ります。しかしこれでは痩せられないではないか、、、
今年も一年有難うございました。来年も宜しくお願いします。