Tokyo09|エヴァとか

*「ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破」をみました。
エヴァを見始めたのは、テレビ版/劇場版ともにリアルタイムではなく、流行った後にまとめてビデオで借りて夢中になりました。
いわゆる熱心なファンでもなかったと思うのですが、今回の「破」は、これまでみたアニメ(そんなに多くないですが)の中でも最高傑作といっても過言ではないと思います。既に映画館に二回見にいきました。
キャラクター設定/戦闘のスペクタクルもそうなんですが、物語の重層のさせ方や切り替え、展開の激しさで観客を一辺に引き込む方法、一方でTV版のストーリーと重複させつつずらしたりしてこちらの期待をいい意味で裏切ったり、とにかくレベルの高い作品でした。日本のクリエーターたちの本当の底力/熱意がなせるわざに深く感服しました。本当にすごい。
合わせて「序」のDVDを買ったのですが、その中で庵野氏はこう語っています。

「エヴァ」は繰り返しの物語です。
主人公が何度も同じ目に遭いながら、ひたすら立ち上がっていく話です。
わずかでも前に進もうとする、意志の話です。
曖昧な孤独に耐え他者にふれるのが怖くても一緒にいたいと思う、覚悟の話です。

かつてエヴァにはまった人はもちろん、TV版も見てない人もせめて「序」を見てから、是非映画館で見るべき一本です。
>ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [DVD]
>ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック SPECIAL EDITION
Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man, and Life’s Greatest Lesson
ALS(筋萎縮性側索硬化症)におかされた老社会学者の教授と教え子が、最期の瞬間まで講義をするという話。家族について死についてお金について、どう生きるかについて、病魔におかされながらも最期まで真摯に向き合い教える感動の物語。英語の勉強にと思ったのですが、平易で読みやすく、そしていい本でした。
*最近twitterなるものをはじめてみました。が、使い方がよく分かりません。IT企業の社長のエントリーばかりで、、、