HELSINKI07|サウナ・ズントー


ケーブルファクトリー@Ruoholahti
古い工場をリノベーションしてアートギャラリーへ。

サウナから飛び込むまでの道。
*ここ最近は木を切り刻んで作品を制作したり、家の設計の課題に取り組んだりしています。最初より学校の課題もペースが分かってきて落ち着いてきました。
*昨日は、授業の一環でsprit of natureという賞の授賞式の講演会にいってきました@ケーブルファクトリー。この賞は木造建築賞みたいなやつで、一回目の受賞者は隈研吾だったりします。今回の受賞者はピーター・ズントーで、非常に面白い講演でした。ズントーが登場する前に、プレゼンターが、「あなたたちに最初に音楽を聴いてもらう、その後で彼が登場する」と言って、突然クセナキスの音楽がかかり、ズントーは現れました。近年の作品の紹介などが主だったのですが、名前は分からないのですが教会のプロジェクトが興味深かったです。それは、内部に空洞をつくるために、まず木で空洞部分を形作り、その周りをコンクリートで四角いヴォリュームをつくって、最後に型枠の役割をしていた木を中から燃やす、というプロジェクトです。今は形は出来ていて、もうすぐ木を燃やす段階にいたるらしい。完成が楽しみです。
そういえばこの講演会の後、節操もなくサインをもらいました(笑
*先日留学生のためのサウナパーティーがありました。お酒を飲んだり、飲みながらサウナに入ったりするもので、とても楽しいものでした。そしてはじめてサウナから飛び出して海に飛び込むというエンターテイメントも体験してきました。。。男女問わずフォーと言いながら飛び込んでいく。なんなんだこれわ。。。でも写真の道は、夜になると本当に幻想的で素敵でした。

HELSINKI06|学業


森。

湖。

Vallila gardens
ヘルシンキのちょっと外れ、でもトラムで中心から20分くらい、のところにあるサマーコテージ。整然と区域が分けられており、政府の管轄で材料や部屋の広さ、デザインまで規定しているらしい。一つのコテージは30平米程度、300万〜400万円程度だそうだ。しかしこの情報は僕のリスニング能力の低さによりきわめて不正確。anyway、なんだかとても楽しそう。
最近は、学校のスタジオも本格的に始まり忙しくなってきました。でもなんとか乗り切りながら、キャンパスを歩いていると知り合いも会うし、幾人かのフィンランド人の友達(kasi君、Marika先生、Big up!!)も出来、夜遊びも覚え楽しくやっています。夜遊びの写真なども撮ったのですが、なかなかいい写真が撮れずじまいで、iphotoには建物と森ばかりになってきています。そのうち、もっと楽しい写真を撮れるようにならないとな。
また英語での最初のプレゼンテーションも終えました。語学力の乏しさだけは全く改善されず、話す機会が増えるほどどんどん下手になっている感じがするのは気のせいでしょうか、、、またプレゼンテーションはいいとして、ディスカッションがひどいです。でもこれは、英語力の乏しさがまずあるのだけど、それだけではなくて、多くの日本人もそうだと思うのですが、僕の性格としてあまり議論が得意ではないというところに起因するものな気がします。なかなかに難しい。
写真はエクスカーションで訪れた森。国立公園で、木を伐採すると罰せられる、という場所です。つまり、管理もされないで、自然の生態系そのままということで、そのすごさをひしひしと感じました。森は生きている。

HELSINKI05|生活・思考


ヘルシンキ(オタニエミ)工科大学・メインビルディング内観/アルヴァ・アールト
学校が始まり課題がスタートしました。200mmの立方体の箱をつくるというものと、休暇のための小さな住まいです。
大野秀敏さんだったか誰かが言っていたと思うのですが、建築教育の国際化、つまり建築教育が世界的に同じようなものになっている感じがするという話がありました。実際のところ、要求される課題の質や内容は、日本と同じようなものだなあ、という感じがします。しかしながら、国際色豊かな場所で、異なる文化の人たちに対して自分の考えを適切に伝える、ということが一つ大きく違うところで、もう一つは課題に対してリアリティや明確なコンセプトをもっているということでしょうか。日本の場合、とにかくヴァーチャルなことだということが前提で、面白いものを作れ!というのが多い気がするし、それも面白いし、基礎としてそれがなくちゃだめだと思うし、十分グローバルスタンダードだと思うのですが、実際に素材に手を触れ作るというのはなかなか新鮮だし、フィンランドが作りあげてきた伝統のものなのでしょうか、興味深いです。
それと日本の建築家の知名度には度々驚かされます。とくにShigeru Banの知名度はすごいです。アメリカ人はディスカッションの際にギャラ間の日本語の本を持ってきたし、メキシコ人は「はだかの家」や「カーテンウォールの家」はまじすっげーよ、と言っていたし「トーヨーイトー」やら「キショークロカワ」やらいろんな名前が揚がります。そしてよく知っている。日本のパブリッシングのすごさ。「A+U」は本当に読まれているし(みんな「エープラスユー」と呼ぶので最初分からなかった)、僕が関わっていた雑誌も知られていました。大学の図書館にも見慣れた本がたくさんあります。
そんな感じで日々を過ごしていますが、最近は音楽を聴くことが楽しみの一つです。なぜかマイブラにはまっています。
そしてオンライン上にいる時間が長くなりました。いろんな人のブログを見るので数人の魅力的なブログに感化されがちです。やっぱり出来るだけ少ない言葉で淡々と状況を記述したいと思うのですが、よくも悪くも毎日が新しくて具体的なのでなかなか難しいです。特に考えず更新したいときに更新してしたくないときにはしない予定です。

HELSINKI04|学校・エクスカーション


オタニエミ礼拝堂(カイヤ&ヘイッキ・シレン)/安藤忠雄の「水の教会」はこれにインスピレーションを受けたものだそうだ。家から徒歩二分。

Laajasalo Church/Kari Jarvinen Ja Merja Nieminen Architects
プログラムのエクスカーションにて訪れる。シンプルな構成にややきつめのディテール。

内観

天井
小屋組のトラスはスティールの束と斜材を、ダブルの木材の梁が挟み込んでいる。内部の部材は全体的が細く、木材を無垢のまま使っている。特にエントランス部分の天井はベニヤの合板をそのまま使っていたのは正直いまいち。でも日本や世界で見る教会のいい意味で重く静謐な空間に比べて、そのおかげでずっと明るく開放的に仕上がっていると感じた。

おまけその1/寮の軒の出。これでよかったかな?>tsuyoshi

おまけその2/新入生を歓迎するHUTの学生。学部ごとに違うつなぎ着るらしい。
最近は大分寒くなってきました。いくつかのオリエンテーションやエクスカーションをしたりしながら、学校が始まりそうな気配です。何度も書いている気がしますが、語学の壁やらレジストレーションの困難やら何やらが幾分ストレスとなってきていますが、交換留学生や僕のような私費の学生たちとも出会えて楽しくやっています。
ところでこちらの新入生歓迎イベントはものすごかったです。新入生のために、それは外国人だろうがフィンランド人だろうが構わず、各サークルがそれぞれにゲームを用意して、それに参加するようです。僕も参加しましたが、正直言ってあまり楽しいものではありませんでした。しかし外国人はみんなノリがいい、、、
ところで、このヤメランタイバルという村。僕の住んでいる前のアパートでは連日連夜深夜(二時過ぎ!)までパーティーが行われています。響き渡る重低音を発信しているのは、大学でも有名な問題児たちのサークルのようです。「あのいつも同じ音楽をかけているやつらのことだろ」、とあるフィンランド人は言っていましたが、いつも同じ音楽を爆音でかけるおかげですっかり旋律を覚えてしまいました。

HELSINKI03|観光・アールト・その他


アールトの家/アルヴァ・アールト
外観はなかなか渋い。

内観。様々な素材に彩られて豊かでとてもいい感じ。作るならこういう建築を作るようになりたい。

ヘルシンキ工科大学建築学科棟/アルヴァ・アールト

フィンランド・デザインフォーラム
フィンランドのイッタラなんかのデザイン関連のものを扱うショップ。奥にはギャラリー。

おまけ/学食、取り放題2ユーロ

おまけ02/サルミアッキ
生活が落ち着いてきたので、またヘルシンキを観光したり、足りないものを揃えたり、スカイプを試したり、ネットをしたり、ネットをしたり、、、の日々を送っています。印象深かったのは、アールトの終末の家とデザイン博物館。前者は写真を載っけたやつです。
後者は、デザインフォーラムというお店です。デザイン博物館というミュージアムの展示に行ったのですが、正直いってこれまでフィンランド・デザインといわれてもピンときませんでした。デザイン博物館では主にイッタラの展示がなされていて、有名なもの(アールトの花瓶のような)から、イッタラの作家によるガラス工芸があったり、様々なガラス製品の製造過程のビデオが流されています。とてもシンプルな博物館なのですが、コンパクトでよくまとまっていて感心しきりでした。久々に本当に刺激的な展示を見た、という感じです。一つくらいちょっと高い花瓶なんて買ってもいいかも、、、なんて思いました。
その他細々とした発見はとっても多いです。人口密度もやはり低く感じるし、街並みも落ち着いているのだけれども、一つ一つのデザインがレヴェルが高く感じます。俗悪なものが見あたらないし、趣味の悪いものは殆どみたことがない。底が高いというのかな。伝統というか常識というか国民の意識というか。
最後の写真はサルミアッキというこちらのお菓子です。ちょっとサーチすればすぐに分かるはずですが、まずいことで有名。世界一不味い飴、というのがキャッチフレーズらしい(笑)。でも僕はとても好きです。黒くてしょっぱい、最後にちょっとすっとする。箱のデザインもなかなかグッド、だと思います。
明日からいろいろ学校がはじまります。そわそわする。

HELSINKI02|入居・レジストレーション


ヘルシンキ(オタニエミ)工科大学・メインビルディング/アルヴァ・アールト

居住している寮

シェアルームへの入り口

共有部分

独立型キッチン

my room(片付いていない、、、)

食べているもの(マッシュルームとソーセージの和風パスタ)
入居を済ませ、各レジストレーションを大方終えました。各の中身は、、、入居手続き、銀行口座の開設、国際学生課にて、認証手続き、仮学生証発行、それをもってフィンランド居住許可(マイストラッティ)をし、トラベルカードを発行、在フィンランド日本大使館にて在留届の提出、などです。その他、IKEAにて家具を揃えるという大きな任務があって、それが一番大変でした。全体的にフィンランドはやはり物価が高いですが、IKEAだけは安い!と思いました。なので買い込んでしまい、帰ってくるまで一苦労、、、ちなみにオタニエミ(学校の所在地)から最寄りのIKEAはバスで一時間もかかって途中でややこしい乗り換えなどがあるので本当に苦労しました。
しかしおかげで大分生活が安定してきました。手伝って頂いた方には感謝です。学校が始まるまで後四日あるので、今から何をしようかとダラダラしはじめています(苦笑)。
ちなみにルームメイトはヨルダン人のニヒルなおっさんとフィンランド人のパソコンオタク。あんまり干渉しないので、それほど接触はないのですが、何かと助けてもらっています。感謝。