Sendai01|earthquake


石巻


女川

南三陸町
東日本大震災から一年が経って被災地に行ってきました。(震災直後に仕事で近くまでは行っていたのですが)広範囲に広がる被害と、ガレキも撤去され(隅にうずたかく積まれ)何もない風景はなんとも言えないものでした。
この出来事を見、体験した誰しもと同じように、または一人の人間として、また職業人として、どう向き合うか、考えさせられる出来事でありました。いろいろあるのですが、一年経っていろいろ思っていること。
建築業の末端に携わる一人としては、以前/以後のような観念的な話ではなく、専門職として起こり得る事態にどう対処するかをこの教訓から学ばなければならないと思っています。
今回は津波の脅威は大変なものだったが、地震の揺れはさほどのものではなかったともいえて(もちろん激震ではあった)、二次部材の崩壊は比較的目に見える大きな被害をもたらしたが、建物の構造的崩壊が今回は多く発生しなかったことがむしろ、新耐震以後の建築物は震度七クラスでも大丈夫、免震装置は非常に有効に作動した、という論調として敷衍している節があります。実際に、新耐震や種々の備えが有効だったというのもあるんでしょうが、これがはたして関東大震災や阪神大震災のような地震動ではどうなるのか。そして、多くの建物が崩壊、もしくは損傷した時に、個々人が所有するそれぞれの建物に専門家はどのように対処できるか。想定しうる問題はきりがありません。古い建物が傾いたら全部撤去し、さらに強固な要塞都市を作り上げるのか。
そういう意味では、職能云々とか言われていますが、むしろこれまで以上にエンジニアリングも含めた専門性や倫理観が建築家とか呼ばれている人には必要になってくるんじゃないかと思います。
ただ近々起こるであろう直下型地震が怖いというのもありますが、想定し得る/外の問題が発生した時に専門家の対応能力は、自衛隊や記者、医師などと同様に、どういった分野でも大事なんだということを強く感じたところで、なかなかそういう大きな仕組みの議論にならないのが同時におおいに失望したところです。
あとはやはり自分や周りが被害者になった場合のこと。これは経済的な面も含め、備えあれば憂いなし。薄給で毎日飲みまくっている場合ではありません(爆)。

Tokyo13|抱負とか

明けましておめでとうございます。
新年は身内に不幸があった事もあり、慌ただしく、しかしなんとなく静かで、いろいろと考える新年となった。
ブログは全然書かなくなったがそれでも時々書かなくてはと思うのはもう七年も続けていると義務感と、何となく時折思考を整理する必要があると考えているからだ。思い返すとこれでも少しは文章が上達してきた気がしていたが、書かなくなってからどうも文章に論理構成力や切れがなくなってくどい文章を書く傾向にあると自覚している。それはおそらく書かなくなったからではなく、書くために文章を読んだり物事を考えなくなったからで何事も鍛錬ですね。
そういえば今年の抱負は「ダイエット」にした。それは文字通りの事はもちろん無駄な時間を過ごさないようにしたい。何が無駄で何が必要か、そのジャッジは時と場合によりけりだけど、有限な時間をどんな密度で過ごすか、そろそろそんな事を考えたい。中長期的にも。
社会も三年目に入って、デザインや建築設計の事もなんとなく分かって見通しもたてれるようになってきた。ぼんやりと分かっている事は、会社の中でやっていることで純粋なデザイン業務やコンセプト立案にかけている時間、図面を引いたり設計業務をしている時間なんて限りなく少なくて、往々にして他の雑務などに追われている。しかし、社会自体がそんなもので、そうでない限り一般的にどこかに歪みが生まれるか、余程システマティックに構成された組織で同じ事をやり続けている場合と思う。
大事なのは置かれている状況に対していかにポジティブに向かえるか、向かうためにどれだけ努力出来るかで、どうしてもそうなれなかった場合どうやって向き合える状態にするか、ということだと思う。
とにかく今年はもっと面白い事が楽しく出来るようにいろいろと自分からアクションも起こしていきたいです。
そして痩せれるように今年は努力したいと思いますので、本年も宜しくお願い申し上げます。

Tokyo11|ワインとか

フィンランドに留学していた際に一番大きく心を動かされた(学んだ?)のはワインだと思います。
それは人との出会いからなのですが、その後すっかりワインの虜になった私は、帰国しても、食事とワインに多くのお金と時間を費やすようになって、ようやくいろいろ勉強したり、マンガを読んだり、ワインバーに通ったり、何が好きなのかも分かってきました。デザイン事務所勤務なわけでそれ程裕福ではないので、自分で買うとなるとなかなか多くは飲めないのですが。
酔っぱらうしなかなか覚えられないのもあるので、心にとまったワインを書き記そうと思います。しかしまだド素人の初心者なので独り言な感じで。
まずは日本のワインで最近よいと思ったものを。美味しいものが多いのでなんとか頑張って応援したい。ワイナリーも巡ってみたいところです。
ボーペイサージュ Tsugane 2007 (@フロリレージュ)
メルロー種とは思えないほど軽くて上質なピノのようなワインで感動しました。ネゴシアンでつくっているHOSAKAという真っ白なラベルのマスカットベリーAのものもすごくよかった(@kurkku kitchen)。なかなか買えないのが残念。
ルミエール光 2005(@フロリレージュ)
甲州種。厚みがあり芳醇な味。
ドメーヌソガ ピノノワール 2006
一度飲んでみたかった蘇我氏のつくるピノ。ブルゴーニュのそれではないにしても、生真面目さとバランスの良さが引き立ってとても美味しい。小布施には是非いってみたいです。
桝一市村醸造所はよくブランディングされているし、ジョン・モーフォードデザインの枡一客殿も気になるところ。

Tokyo08 | marriage

結婚しました。
祝福して頂いた方、いろいろとお手伝いして頂きました方々、本当にどうも有り難うございました。
今後とも宜しくお願いします。
最近買ったペン。子供用万年筆なんだけど秀逸。
ペリカン ペリカーノJr – Pelikan Pelikano Junior – 本体:ブルー 万年筆
最近買った本。内容はさすがにマニアック。視点、論点の幅が違うなあと思う。
ヌルハチの都 満州遺産のなりたちと変遷
読み物としてこれは面白かった。もうないのかも。
川合健二マニュアル
最近話題の。内容は平凡で退屈でした。隈氏のあとがきは、なるほどと思いました。
アトラス―新しい建築の見取り図
最近、本屋で立ち読みすると建築スクール特集や、若い世代の建築特集のような本をよく見かけます。現実の辛さを押し付けるのもよくないとは思うけど、それでもなんとなく現実とかけ離れている気がしてどうかと思ってしまいます。
結局、コミュニティの中の狭い世界で作られた「イケテル」という合意、それは時につきつめてロジカルであったり、センスのよい芸術的なものであったり、奇怪なものであったり、場合によって違いますが、それを広い社会に押し付けることが、建築やデザインの役割ではない気がしています。
後々に誰もが社会に出て気づくものであるとはいえ、社会との対話の中で生まれるそれぞれのリアルな価値の方に、最近はより興味をもっています。そういった意味でも解釈の中ではなく、行動や生成されるものを大事にしていきたいです。

Tokyo07 | 新年2009

新年明けましておめでとうございます。
仕事をたくさん持ち帰ってきたのにもかかわらず、全く手をつけずだらだらと過ごしてしまいました。
今年の抱負は、チャンスを逃さないということでしょうか。
市況が悪いし、小さな事もこつこつとしっかりこなしていきたいです。
昨年末くらいからプロダクトデザインなども扱う事がおおくなってきて、rhinocerosというソフトをはじめました。
三次元の形状を自在に扱うには最適なモデリングソフトだと思います。
特にこの本がとてもよかったです。
最強の3Dモデリングツール Rhinoceros―最新Ver.4.0/Ver.3.0対応
建築やインテリア、プロダクトデザインの形状はやはり大きくは人間の想像力の範囲で制限されているところがあると思っていて、それを解放するためのツールの開発は大きく進んでいます。
合理的な解法はシンプルな直線的なものに帰結されるのが常ですが、グニャグニャなものをデザインしたり、することを要求されたりする時に、それに答えるためのツールを扱えるようになりたいものです。
ともあれ今年も宜しくお願いします。

Tokyo06 | 近況

フィンランドから帰ってきて、就職して、一年経ちました。
建築、内装業やデザインの仕事というものは全体を統合させ、監理していくことが専門家としての立場ということは頭では分かりつつ、実際に経験や知識が足りなすぎてそれを行動に落とし込めないまだまだ未成熟な自分に落ち込みつつも、業務としての仕事はだいぶこなせる自信があったし、実際そうだったけど、現実をみるというか、社会と学生の差を知る一年でした。
いい意味で勉強にはなっていますがクライアントや、事業主がいる手前で勉強ともいってられない事実もあって。
逃れられない現実と、受け止めなければならない試練をポジティブに捉えて進む毎日です。少なくとも、家にこもって空想に浸っていた時代よりはいきいきと前進しています。
ただこういう仕事をしている以上、将来に向けてのヴィジョンは常に絶やすことなく持ち続けていなくてはならなくて。時には理不尽なこともあったり見失いそうになりがちな自分が考えている思想に対して、自分の哲学を持ちながら、ヴィジョンを現実のものにしていく推進力や困難を乗り越えていく辛さと爽快感をどこまで忘れないでいられるかなんだと思います。

Tokyo05|ブログ

ブログなんかを読んで人の生活や思考の一端を垣間見えるのは、狭い世界で忙しく働く日々の中でも随分救われる瞬間です。
そんなブログの信頼性というか、情報取捨選択の可能性も以前よりはずっと広がってその文化はますます多様になっていくのだろうなと思います。
その数限りなくあるブログの中でも自分が本当にこれはすごい、と思っているものが幾つかあってその一つが本となって出版されていることを最近知って購入しました。
「えいやっ!と飛び出すあの一瞬を愛してる」小山田咲子著
二年半前に不慮の事故で亡くなってしまった大学時代の同級生で、才能とはこういうものなのだと思わされるような文章を書く方であり、人でした。
今改めてそれに触れ、感動したり、懐かしく思ったり、情景や感性の描写と移ろいの見事さに感嘆したり、不思議な気持ちになりました。
鴻上尚史氏が序文を書いていて、その文が自分がこの文章に対して思うところを余すことなく表現していると思ったので引用しておきます。
「この本は、二十四歳で突然、人生を遮断された女性の遺稿集ではありません。これは、一人の才能溢れる女性の見事な作品集です。こんなに楽しくて、勇気をくれて、考えさせられて、深いブログ日記を僕は他に知りません。この文章は遅かれ早かれ、間違いなく世に出ていたと思います。それが、このタイミングになっただけです。そして、彼女もまた、遅かれ早かれ世に出ていたはずです。本当に惜しい。胸張り裂けるほど惜しい。
あなたが小山田咲子さんを知っているのなら,この本で彼女の才能を改めて確認して下さい。そして,あなたが小山田咲子さんを知らないのなら,この本でその才能と出会って下さい。」

Tokyo04|労働



新年最初の書き込みです。明けましておめでとうございます。
帰国して、既に9ヶ月、事務所に通いはじめて七ヶ月目。
大変な道を選んだものだとよく考えます。それでもやれるのは、帰国してここまで走り続けているけれど、常に周り、その先と視野を広く持てているから。そうでなくなった瞬間に続けることが出来なくなるのがこの世界のいい所でもあり悪い所でもある気がします。学生時代にも、そして働き始めてからもそういう風景を多く見てきました。
だから、今年はそういった状況に応じた振る舞いを瞬間的に論理的に考え、何事もなかったように軽やかに振る舞う。そういった年にしたいです。これでは抱負ではない気がしますが。。。
youtubeの動画は、最近のappleのCMで使われている曲のPV。才能がある人は世の中に実に多くいて、それを見逃さない多くの人がいます。

Tokyo03|大晦日

あっという間に大晦日になってしまいました。
留学→旅行→帰国→就職と、激動の一年でした。
後半は忙しくて、大変で、どうしようかと思いましたが、なんとかここまでやってこれました。本当にいろんな人々のおかげだと思います。少しは自分の力を社会に還元出来たかしら、、、
今年一年、フィンランドで、日本でいろんな人に出会いました。思えばとても魅力的な人が多くて、それぞれの人がそれぞれの人生を生きていると思うと勇気が出ます。毎日が必死だったので、ここ数日ゆっくり家で過ごすとそんな事を思い返していました。
ここに文章をしばらく書かなくなってから、今ひとつ文章能力が落ちたかなと思います。ご勘弁を。今後もこんなペースで。
それでは今年も一年ありがとうございました。よいお年を。

Tokyo01|coming back


帰国前日のキャンプファイヤーの時の写真。おそらく夜の12時頃。
更新が大分開いてしまいました。
フィンランドから帰国し、今は日本にいます。最近は就職するために設計事務所の門を叩いているところです。
ipod with videoを買ったので電車の中でサウスパークばかりみています。英語力を落とさないように。電車バンザイ。
フィンランドでは多くの事を学べ、仲間を得、経験を出来たと思います。
そもそもフィンランドにいる間にストレスを感じたことがほとんどなかったし、ホームシックにもかからなかった。たった10ヶ月の滞在だったけれど、本当にいい国だと思うし、選んだチョイスに一分の狂いもなかったと思います。
豊かな自然、きれいな空気、しっかりとした教育、寒い冬、緩い感じのパーティー、、、何もかも恋しいと思いますが、何よりホストである生真面目だけど親切で愉快でガツガツしていないフィンランド人たちは本当に素晴らしいと思うし感謝です。
日本に帰国して二週間、環境の大きな変化に対応出来るか不安だったのに、意外とすんなり適応してしまって拍子抜けな感じです。それでも東京はヘルシンキより全ての選択肢が余りにも多いので、この場所をうまく使いこなして行けたらいいと思います。